マッキンゼー・アンド・カンパニーの採用情報

外資系コンサル求人TOP >> 人気の外資系コンサルの採用情報 >> マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーの採用情報

外資系コンサルの中でも、世界的にも有名なのがマッキンゼーですね。ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニーの採用情報を紹介していきましょう。マッキンゼー・アンド・カンパニーのキャリアパスは、ジェネラリストとスペシャリストを最終的に目指すことになります。ジャネラリストでは、ビジネスアナリストやジュニアアソシエイトという職種から始まり、アソシエイト、マネージャー、アソシエイトプリンシバル、プリンシバル、ジェネラリストという独自のステップを踏むことになります。

スペシャリストの場合には、ビジネステクノロジーとオペレーションマーケティングの2種類に分けられており、ビジネステクノロジーのスペシャリストの場合は、ビジネスアナリストやジュビアアソシエイトから始まり、アソシエイト、マネージャー、アソシエイトプリンシバル、プリンシバルという過程を経てビジネステクノロジースペシャリストにキャリアアップしていきます。

オペレーションマーケティングでは、ジュニアスペシャリストから始まり、スペシャリスト、エキスパート、シニアエキスパート、エキスパートプリンシバル、マスターエキスパートといったキャリアステップを踏むようになっています。マッキンゼー・アンド・カンパニーの場合、一般的な外資系コンサルとは違ったポジションの呼び名を使っていたり、業務内容などが細かく設定されているため、独自の理解が必要になってきます。

ホームページを見れば、会社説明会の情報が掲載されていますし、リクルーティングカレンダーなどの情報が掲載されていますから、これらの情報を参考にしましょう。他にも御ローバルな採用情報も掲載されており、これに応募をするには、英語力は必須条件になります。応募資格としては、国内外の4年制大学の卒業資格取得者や卒業見込みの方となっており、それ以外にも卓越した結果を残し積極的な課外活動の経験がある方。前職・現職において求められる成果を達成しており、高い評価を得ている方となっています。

また、英語力はビジネスレベル以上となっています。具体的な職務経験などが記載されていないため、やはり頼りになるのは、外資系コンサルに詳しい転職エージェントでの情報に期待するしかありません。ホームページ上で紹介されているコンサルタントの経歴は素晴らしいものですが、それに尻込みをせず、自身の経験やスキルが通用するのかどうかを転職エージェントなどで確認しましょう。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.