激務ではない外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 激務ではない外資系コンサル求人

激務ではない外資系コンサル求人

コンサルタントという職業は、激務というイメージがつきまといますね。インターネットなどを検索していても、コンサルタント職を行なっている方のブログなどでは、毎日が徹夜のようなものといった記述が良く見られます。実際にコンサルタントという職種は、残業が当たり前の職業であるのかという疑問ですが、これはイエスともノーとも言えるのです。なぜならば、コンサルタントといっても、様々なジャンルのコンサルタントがあり、どの程度まで関わるのかによっても仕事量は変化するからなのです。

また基本的にコンサルタントは、プロジェクト単位で仕事量が変わってきます。例えば、長期的なプロジェクトであれば、プロジェクトの完了間近になっての進行具合によっては、激務になりますが、それ以前まではゆっくりとしたペースで業務を行うことが可能です。逆に短期的なプロジェクトで早く結果を求められているものであれば、いきなりプロジェクトの開始から激務であることが予測されます。

時には不可能かと思えるようなクライアントの要求にも応える必要があり、そのためには激務は覚悟をしなければならないケースもあるということです。営業戦略から業務革新案までを提供しなければならないプロジェクトであり、完了期間が3ヶ月。その中で問題ポイントのリサーチから改善策を打ち出し、尚且つ新システムのベースとなる概要プロセスまでをも描くといった無茶ぶりとも言えるような仕事もあるのです。

ただ、外資系コンサルの全てが、無茶ぶりのような仕事ばかりを取ってくるのかといえば、そうではないということです。そもそも形のないものを提供する職種であり、結論が早く出たとしても、より良いものを探すのがこの職業の特徴になります。厳しい言い方をすれば、これでよいという妥協をしてしまうようでは、コンサルタントとしては失格と言わざるを得ません。限界までベストな解決策を探すのがコンサルタントに求められる資質なのですから。

とはいうものの、激務ではない外資系コンサル求人は、豊富に存在しています。基本的な労働時間は7.5時間や8時間といったものに設定されている所がほとんどです。ただし、やはりプロジェクトの内容や自身のスキルや力量によって、仕事量や労働時間は大きく変わってくると言わざるを得ません。自身のコンサルタントとしての資質やスキル、処理能力なども含め転職エージェントなどに登録をして、キャリアコンサルタントに判断してもらいましょう。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.