学歴不問の外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 学歴不問の外資系コンサル求人

学歴不問の外資系コンサル求人

外資系コンサル会社へと転職をしたい場合、気になるのは学歴ではないでしょうか。新卒者や第二新卒者という状況であれば、確かに学歴はチェックポイントになるといえるでしょう。コンサルタントという仕事は、問題発見能力とそれを解決する能力が必要になります。受験勉強という課題に対して、その課題を乗り越えるために、どういった努力をしてきたのかは、学歴から判断されることになります。自身の勉強の仕方の問題点を発見したり、その問題点を解決出来たのかどうか。これは非常に評価される部分です。

しかしながら、基本的に社会人として働き、その後の転職で外資系コンサルを目指すのであれば、さほど学歴は重要視されません。むしろ職歴や職務経歴といったものを重要視されるのです。どういった経験をしてきたのかによって、随分と評価は違ってくるのです。外資系に限らず、コンサルタントという仕事に適しているという人材は、何かしらの変化を引き起こせる人材と言われています。

日本の受験勉強は暗記の勝負になっています。暗記のコツさえ掴んでいればある程度のレベルの学歴を手に入れることは出来るでしょう。ですから、学歴はあまり判断指針にはならず、何気に学歴不問の求人は多く見られます。それよりも前述にあるような付加価値を手に入れる事が出来る人材こそが採用されます。例えば、飲食店のアルバイト経験しかなかったとしても、漠然と与えられた仕事をしているのでは向いていないと判断されます。

しかしながら、アルバイトという立場だろうと、客単価の向上のために行なってきた努力や独自の接客方法を実践していたり、注文から商品を提供するまでの時間短縮のために行なった新しいオペレーションを考え実践したというのであれば、それは貴重な経験と判断され、コンサルタントになる資質を備えているという判断をされるのです。自らが問題点を見つけ、それを解決する経験というのは、何気に評価される経験といえるのです。

またゴールを先に設定し、各タスクに分解してから、納期を確定して仕事を行なってきたような方もコンサルタント資質があると思われます。このように学生であろうと、社会人であろうと、コンサルタント的な思考能力を持ち、それを実践してきた経験がある方であれば、十分に外資系コンサルに転職成功させることは可能なのです。ですから学歴不問の求人は沢山にありますし、要は自分が行なってきたことをどれだけアピール出来るかに掛かってくるのです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.