中小企業診断士資格を活かせる外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 中小企業診断士資格を活かせる外資系コンサル求人

中小企業診断士資格を活かせる外資系コンサル求人

中小企業診断士資格は、経営コンサルタント向けに存在する唯一の国家資格と言って良いでしょう。日本のような中小企業が多く活躍している国では、多くの中小企業が抱えている問題に対して、それを解決するためのプロフェッショナルが必要という発想から、この資格が誕生したとされています。現代のビジネスにおいて、最も価値の高い資格ではないかとも言われているものですが、資格取得をしておけば、外資系コンサル求人に巡り会うことは可能なのでしょうか。

実績を重要視する外資系企業ですから、確かな資格を有しているというのは、非常に強みになると言って良いでしょう。高度な経営知識を習得し、それを実践させるためのスキルを身につけられる。こういった人材は、外資系企業が求める所です。ただし、中小企業診断士の資格を有しているからといって、どんな外資系コンサル会社へも楽勝で転職成功出来ると考えるのは非常に甘い話です。

というのも、外資系コンサルの多くは、人材補充にプラスして、それぞれの人材が持っている人脈というものも採用の際には重要視しているからなのです。国内の大手企業に勤めていたというような職歴があれば、そのコネクションを通じてクライアントを発掘出来る可能性が高いと判断するのです。中小企業診断士の資格を有していても、こういったコネクションがないような人材ならば、手放しで歓迎というわけにはいかないのが現状です。

それぞれの外資系コンサルでも特徴がありますから、内情に詳しい転職エージェントを利用して、情報を徹底的にリサーチしていきましょう。実際に中小企業診断士資格を活かす事が出来る求人をリサーチしてみると、WEB系コンサルタントを主軸に展開している外資系コンサルからの求人が豊富に見られています。現在では個人や中小企業でもWEB関連の業種を生業にしている所が多いですから、需要が高いのです。始めたは良いものの課題が山積みになっている中小企業が多いですから、中小企業診断士資格を有している人材は適任と言えるでしょう。

ただし資格だけでなく、コンサルティングファームや総研、広告代理店などでの職務経験があるものといった条件やIAの設計経験がある方といった負荷条件が設定されていることが多いですから、応募条件の確認はしっかりと行なっておきましょう。年俸は500万円から800万円前後というのが相場になっており、年間休日も120日前後に設定されている求人が多く見られます。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.