40代の外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 40代の外資系コンサル求人

40代の外資系コンサル求人

40代ともなれば、コンサル業界や外資、内資に関わらず、それ相応の実績や経験がなければ、転職を実現させるのは難しい年代と言えますね。未経験者での外資系コンサル転職であれば、やはり30代の後半でも難しいと言われている世界ですから、あまり求人を見つけることは難しいですし、特定のジャンルでの高い経験やそれなりの役職での勤務経験を求められることが多いものです。ここでは、40代の外資系コンサル求人について紹介をしていきましょう。

まず40代の外資系コンサル求人でアナリストの募集は皆無と言って良いでしょう。アナリストは、いわゆるアシスタントのようなものですから、業務経験がまったくない人材を必要としない傾向がある外資系コンサルの求人では、見つけることが難しいのです。コンサルタントの職種でも、やはり求人を見つけることはなかなかに難しいですね。少なくてもマネージャー職やシニアマネージャー職、パートナーといった役割を求められることがほとんどです。

異業種からの転職例では、やはりプロフェッショナルファームへの転職でしょう。これは40代であろうと、問題なく転職を成功させることが可能なのです。ただし、前職でそれなりのポジションについて仕事をしており、クライアントになるような広い人脈と、確かな人間性といったものを求められることになります。外資系企業はコンサル業のみならず、国内企業との激しいクライアント争奪戦を勝ち抜く必要がありますから、前職の企業規模は何気に重要視されます。

中小規模の一定のクライアントとしか関わりがない40代では、プロフェッショナルファームへの転職も実現させることは難しいものです。大口のクライアントになるような大手企業で、ある程度のポジションで仕事をしており、関連する企業や、同僚、部下、上司からの信頼を多く獲得しているような人材こそが重宝されることになるのです。前職が大手金融関連企業で勤めていた方などの場合には40代でも前職の給与の倍額などで引きぬかれているケースも少なくはないのです。

実は40代の多くが外資系コンサルへと転職希望していることが多く見られているのです。これまで同業他社や競合会社と見定めてきた日本企業へと転職するのは気が引けるとか気まずいという思考を持つ方が多く、また日本企業特有の不条理を目の当たりにしながら、一向に改善がなされない現状に憂いを感じて転職を決断する40代は多いものなのです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.