30代の外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 30代の外資系コンサル求人

30代の外資系コンサル求人

30代の外資系コンサル求人ともなれば、コンサルタント職ばかりではなく、マネージャー職やシニアマネージャーといった非常に責任のあるポジションを担ってもらうようなハイクラス求人が多く見られるようになります。コンサルタントの転職市場価値は、30歳から35歳までは最盛期になるとも言われていますから、最もコンサル業界に転職しやすい年代とも言えるでしょう。

ただやはり30代も半ばを過ぎて、アナリストから始めたいという方であれば、厳しい状況が待っていると言わざるを得ません。前職において、関連するような業界経験をある程度積んでいるにしても、一般企業の職務内容と、コンサル業では、あまりにも違うものが多すぎると判断されるからです。そこに慣れるには、年齢的なものを考慮しても、時間が掛かると思われるのは当然ですね。それに加えて、外資系企業の経験もないとなれば、尚更転職を成功させるのは難しいと言えるでしょう。

しかしながら、プロフェッショナルファームであれば、30代の半ばを過ぎていようと、使えると判断されれば、転職成功は簡単に実現が可能です。プロフェッショナルファームの代表格としては、戦略コンサルや、会計コンサル、システムコンサルなどが挙げられますが、知識や技術といったものが商品になるため、前職の中でそれらの専門知識や技術が備わっていると判断されれば、十分にコンサルタントとして活躍出来るという風に判断されることになるのです。

とはいうもののある程度に規模の大きな企業で勤めていた経験や、多くのクライアントと関わってきたというような実績がなければ、異業種からの外資系コンサル転職は、30代半ばを越えてからでは難しいと言わざるを得ないでしょう。ただし、転職エージェントを上手に活用することによって、明るい道が開けてくる可能性は高いのです。前述にあるような異業種からの転職成功事例を多く把握していますから、個人レベルの転職活動で右も左も分からない状況であるよりも、可能性は限りなく高いと言えるでしょう。

30代の外資系コンサル求人を実際に見ていくと、それなりの条件が設定されていますが、コンサルタント職やマネージャー職の求人が多く見られ、待遇面では平均で1500万円程度の年収を提示している所がほとんどです。前職からのクライアントを引っ張ってこれるようなおパートナーのような要素を持ち合わせている方であれば、2000万円越えなども珍しくはないと言えるでしょう。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.