20代の外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 20代の外資系コンサル求人

20代の外資系コンサル求人

実力が最重要視されるというイメージが強い外資系企業ですから、20代の外資系コンサル求人はそこまで多くは存在しないというイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。しかしながら、実際には20代の外資系コンサル求人はアナリストやコンサルタント職を中心として、非常に多くのコンサル会社から募集が掛けられている状況です。その中でも求人数が多いのは、アナリスト職の求人であり、新卒者や第二新卒者に向けられたものがほとんどです。

外資系コンサルの求人の特徴としては、まっさらな状態で資質があると思われる人材をアナリストとして採用し、経験を積んでもらうというケースと、既に経験や実績があり、それなりのスキルと知識を積んでいる人材かの0か100か的な所が見られます。コンサルタントの階級を知らない方向けに説明しておくと、アナリストとは、いわゆるコンサルタントのアシスタントのようなものだと考えて下さい。

アナリストが見習いで、コンサルタントに昇進してやっと一般社員として認められると言えますね。その上に課長職や部長職にあたるマネージャーやシニアマネージャーといった職がありますが、20代という若さでの転職求人で、これらの職種が募集されていることは稀といってもよいでしょう。なぜならば、アナリストやコンサルタントといったものよりも、遥かに高度なスキルや詳細な知識量。更には実績や経験を求められるからです。もしも20代向けに求人を出すにしても、殆どの場合は、転職エージェントの非公開求人を使って人材を募集するのがスタンダードです。

しかしながら現実的には、中途採用の場合でも、コンサルタントがせいぜいのスタートポジションになります。それでもプロジェクトによっては、その中核を担うような役割を求められることも多いため、アナリストではなくコンサルタントの求人では、ある程度の実力が求められます。つまりは即戦力として期待されるということです。

実際に出されている20代の外資系コンサル求人を紹介すると、採用されている方の多くは、コミュニケーション能力と積極性に秀でた人材が多く見られます。そして多くあるコンサル業の中でも、ある程度の方向性を定め、そのための学習や経験を積んでいることが求められるのです。アナリストでも一般企業の同年代と比較すると、待遇面では優遇されている傾向が強く、400万円以上の年収を獲得することもザラに存在しています。どういったジャンルを主にしているのかにもよりますが、求められるものをしっかりと把握した上で行動出来る人材が採用を勝ち取っているようです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.