第二新卒可の外資系コンサル求人

外資系コンサル求人TOP >> 条件別 >> 第二新卒可の外資系コンサル求人

第二新卒可の外資系コンサル求人

外資系コンサルといえば、一般的に業務経験は最低限の必須条件と思われがちですね。一言で外資系コンサルと言っても、コンサルティングファームから情報サービスコンサルタント。マーケティング戦略・事業戦略、経営戦略、GMCやGES、E&Rなど細かく分類すると本当に沢山の外資系コンサルが存在しているのです。こういったものを見ていくと、何も社会人経験があり、それぞれの企業で一線級で活躍していた人材のみを募集している所ばかりではないことがわかるでしょう。

第二新卒者歓迎の外資系コンサル求人を見てみると、情報コンサル系が多くみられています。システム要件のヒアリングや定義といったものから、システムベンダーとの均衡や管理業務など。他にも運用面での改善などを行なっていきます。待遇面では月給26万円以上で技術評価手当や資格手当、時間外手当は1分単位での支給といった好条件です。参考給与例としては、37歳で月収37万円、年収615万円といったものや30歳で月収32万円、年収540万円などが明記されています。

基本的に外資系コンサルの場合、第二新卒者を好む傾向があります。これはどういうことかというと、日本企業の企業カラーや企業常識といったものに染まった後だと、外資特有の労働スタイルに慣れるまでは時間が掛かると考えられるからです。ですから社会人経験のない新卒者や、一度社会人としてデビューしたいと思ってもミスマッチを感じ、離職をしてしまった第二新卒者といった立場の人材は重宝できると考えるのです。

他にも実際に出されている求人としては、部門強化と増員目的での募集で、外資系戦略コンサルティングファームからの求人が見られています。条件としては、大卒以上で実務経験が3年未満。語学力がある方が望ましいとなっており、年齢が22歳から27歳となっています。ロジカルな考え方ができ、コミュニケーション能力に長けたもの。他にも英語はもちろん、その他の言語力に長けたものという条件が出されています。

このように第二新卒者歓迎の外資系コンサルの求人は、何気に多く見ることが出来るのです。給与面に関しても、国内一般企業と比較してもかなり高待遇なものが多いですから、かなりチャンスと言えるでしょう。個人レベルでインターネットをリサーチしても求人を見つけられますが、より詳しい内容や応募条件のすり合わせ、転職成功に導くための対策を練るといった目的からも転職エージェントに登録して転職活動をするのがベターと言えるでしょう。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.