外資系コンサルの履歴書の書き方

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルの履歴書の書き方

外資系コンサルの履歴書の書き方

外資系コンサルのほとんどは、一次選考は書類審査を採用しているものです。ですから、履歴書などの書類作成の出来・不出来というものが、採用・不採用を左右するポイントになってくるのです。履歴書において大事なことは、自分が体験してきたことを全てその1枚の紙の上に表現をすることなのです。実際に自分が行なってきたこと全てを正確に、且つ簡潔に表現が出来ている方がほとんどいらっしゃいません。どんな経験が外資系コンサルの採用者の目に留まるのかは分からないわけですから、しっかりと漏らすことなく明記すべきなのです。

漏らさず経験を記述しようとしても、経験や年齢にもよりますが、基本的には数十行レベルの記述スペースしかないわけですから、全てを記述することは難しいというのは分かります。最初の内からコンサルタントの職務内容にマッチしている経験や、習得しておきたいスキルといったものを十分に把握していれば、問題ないのですが、現実的にはなかなかに難しいものなのです。

根本的には外資系コンサルの担当者が履歴書を見て、評価するような履歴書を作成しなければ意味がないのです。しかしながら、その担当者が何を重要視しているのかを正確に把握している方は少ないということなのです。実際に転職希望者に話を聞いてみると、なぜこの経験を履歴書の中に記述しないのかというような外資系コンサルで働くために必要な経験をなさっている方は少なくありません。その職業や業界では、誰もが行なっているような日常的な業務だからというのがその理由なのですが、結果的にこういった経験が重要視されたりするのです。

実際の経験は、十分に外資系コンサルからしてみると、魅力的な人材であり、転職成功の条件を満たしているにも関わらず、書類作成に不備があるために、条件を満たしていないと判断され、結果として不採用にされてしまっているのです。こういった状況に陥っている方は何気に多く、非常に勿体無い話と言わざるを得ませんね。

こういったものを解決するために利用して欲しいのは、転職エージェントなのです。特に外資系に強い転職エージェントであり、尚且つコンサル業界にも強いという特徴を持っていれば完璧ですね。こういったものを利用すれば、履歴書などの書類関係の作成方法のサポートも十分に行なってくれますし、あなたの経験を会話形式で読み取りながら、履歴書などの書類に記載しておいたほうが良い情報はしっかりと指摘してくれますから、かなり役立ちます。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.