外資系コンサルの面接対策

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルの面接対策

外資系コンサルの面接対策

外資系コンサル会社へと転職するためにも、乗り越えなければならないことは、やはり面接対策と言えるでしょう。外資系コンサルの面接対策と言っても、様々な企業が存在しますから、それに合わせて適切な面接対策は当然に変化します。他にもあなた自身のこれまでの学歴や職歴などの状況によっても、まったく違った面接対策を講じる必要があるのです。外資系コンサル業界のみならず、どの業界の転職にも言えますが、これだけを抑えておけば、面接対策はバッチリといったようなものは存在しません。

面接対策以前に学歴が重要視されるのは、外資系コンサル会社でも同じことです。これは人生における分岐点、つまり、中学受験と、高校受験、大学受験というタイミングで、何をしてきたのか、どういった成果を挙げられたのかということを重要視するからです。社会人になれば、受験勉強で得られた知識などは何の役にも立ちませんが、要はハードルの高い学校に入るために、何をし、どのような成果を挙げられたのかというのは、重要視されるものなのです。

学歴の条件を満たしていない方であれば、後は職歴で勝負をするしかありません。自身の行なってきた職歴を中心に面接対策を講じていくことが、良質な面接対策を構築できるでしょう。転職の回数が多ければ、そこに何かしらの一貫性があることをアピールしていくべきです。そしてその一貫した考えから、それぞれの企業で目的とする実績を積み、その経験こそが自身の強みであることをしっかりとアピールしましょう。

実務経験にすら自信を持てないという方でも、それまでの職歴の中で、自分が他の業種や職種を行なっている方よりも、優れた専門性を持っている分野はないでしょうか。こういったポイントがあるのであれば、その分野に特化している外資系コンサル会社にターゲットを絞るという方法も、面接対策以前に考えるべきものでしょう。一般的に重要視されるのは、問題を発見出来る能力と、その解決能力だとされています。

更にはプロジェクトマネジメント能力。更にERPやSCMといったようなものの開発や導入といったものに注目をして面接対策を行なっていきましょう。外資系ではあまり通用しないかもしれませんが、自身のポテンシャルを前面に出した面接対策も存在します。自分の学歴や職歴に自身がない方がそもそも外資系コンサル会社への転職は目指さない傾向がありますが、それでも目指したいという方には、こういった面接対策の仕方も存在していることを覚えておきましょう。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.