外資系コンサルと英語力

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルと英語力

外資系コンサルと英語力

外資系コンサルに転職ともなれば、コミュニケーションを取ることは必須条件だから英語力はかなりのものを要求されるというイメージをお持ちの方は少なくありません。そのため、英語力の指針ともなるTOEICのスコアばかりを気にして自身が応募できるのかどうかを判断している方も多くいらっしゃいますが、実際に外資系コンサルで働いているコンサルタントの方の多くは、採用試験を受ける時点では、そこまで高い英語力は必要とされないという意見をお持ちの方が多いのです。

つまりは、ほとんどの方がコンサルタント業を行なっていく過程でどんどんと英語力を磨き、高い語学力を身につけているといったケースがほとんどだということなのです。何気に外資系コンサルの求人を見てみると、英語力必須なんていうような条件を設けている求人はそこまで多くはありません。入社前から高い英語力を求めているのであれば、しっかりとそれこそTOEICスコアが明示されています。大抵高い英語力を求める所ですと、スコアで800点以上というところがほとんどですね。

TOEICスコアで800点というとビジネスにおけるコミュニケーションには、まったく困らないという程度の英語力になります。こういった求人情報にしっかりと明記されている外資系コンサルならば、当然求められる英語力を身につけていないと採用はされませんが、それ以外の外資系コンサルならば、そこまでTOEICスコアを気にすることはないのです。ですから、どんどんとチャレンジすべきなのです。

基本的に外資系コンサルの多くは、英語力などは後からでも何とでもなるといったような考えを持っているものです。仕事をしていく内に習得していって下さいというスタイルなんですね。逆に論理構築力といったものや、もともとにあるコミュニケーション能力の方を重要視されるのです。こればかりは、生まれ育った環境やそれまでの生活や人間性によって構築されていくものですから、後から直せと言ってもどうしようもない部分だからです。

入社後に英語力をつけるポイントとしては、発言内容を準備しておいたりして、とにかく話し合いの場では一番最初に発言をする。コミュニケーションはなるべくシンプルにするように心がけることや、分からない場合には、遠慮なく質問をすることも英語力を身につける上で重要です。こういったことを意識するだけで、十分に入社後に英語力を身につけていく事が出来るのです。入社前よりも入ってから、どう努力していくかを重要視されるのです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.