外資系コンサルのボーナス

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルのボーナス

外資系コンサルのボーナス

外資系コンサルへと転職を考えている方の中には、ボーナスについての情報が知りたいという方も多いことでしょう。基本的にはコンサル会社のみならず、外資系企業にはボーナスという発想があまり定着していないというのがスタンダードです。営業職などであれば、売上に応じたインセンティブは発生するものの、コンサル会社には目に見えた成果というものは、時間が掛かったりするものですし、なかなかに評価が難しい所でもありますね。

ただし、ボーナスという発想がない分、基本的な給与は高く設定されていることが多いのです。例えば、社会人経験もないような新卒アナリストという立場でも年収は500万円から600万円ほどもらえるというのが外資系コンサルの給与待遇です。その他の企業の新卒者の給与と比較すると、驚くほどに高い給与を獲得していることが分かります。ボーナスといったものを支給されている企業でも、国内企業で新卒者にこれだけの年収を提示している所はほとんどないのではないでしょうか。

ボーナスというものが存在しなくても、基本的な年収が高く設定されているため、そこまでボーナスというシステムがないことに、ネガティブになっている社員は少ないということです。入社して2〜3年もすれば、大抵年収は600万円から800万円に到達するとも言われています。国内の一般企業では、中間管理職になってもこれだけの年収を稼げる企業はどのくらいにあるかという話ですね。

新卒アナリストからコンサルタント職に昇格をすれば、一気に年収はあがり800万円から1200万円ほどの収入が期待出来るとされている世界です。大抵の場合、アナリストからコンサルタントへの昇格期間が一年半から三年くらいとされていますから、三年間実績を積めば、十分に1000万円プレイヤーを目指す事が可能なのです。ボーナスがなくても、年収で1000万円を20代の内に実現出来る業界であると言えるわけですね。実力さえ伴っていれば、それなりの収入が期待出来ますから、あまりボーナスの有無を気にしている方は少ないのです。

またマネージャー職までに昇格すれば、金融関連に強く、大規模企業のクライアントが多い外資系コンサルならば、1800万円程度。一般的なファームであれば1500万円程度。昇進が早く、非戦略系のファームであれば、1200万円程度の年収が期待出来るとされています。とはいえ、それぞれの企業がその国々の雇用スタイルに合わせた給与体系や福利厚生などを考慮している所も増えていますから、年収が低く設定されていて、ボーナスを支給したり、インセンティブという形で報酬を与えている所も見られるようになってきています。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.