外資系コンサルの転職年齢

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルの転職年齢

外資系コンサルの転職年齢

外資系コンサルのみならず、転職市場にはある程度の年齢制限というものがあるとされています。雇用法によって、年齢制限は明確な理由が無い限り、認められないというものが存在してはいるものの、暗黙の了解として、年齢制限というものは確かに存在しているのです。コンサルタントの求人数を見た場合、その他の職種と同様に35歳をピークに求人数は確かに少なくなってはいます。ですから、なるべくであれば、35歳以前に外資系コンサルへの転職をするのが、転職年齢としてはベストということが言えるでしょう。

しかしながら、外資系コンサルと一言で言っても、システムコンサルタントやERPコンサルタント。CRMやSCM、経営・戦略コンサルタント。会計、人事といった様々なジャンルのコンサル会社が存在しているため、一概に転職年齢を一括りには出来ないというのも現状です。企業ごとにどういったジャンルのコンサルティングを主軸としているのかによって、適した転職年齢も違ってくるということです。

なるべく企業カラーが染み付いていない新卒者や第二新卒者を求めるような外資系コンサルもあれば、ある程度の社会人経験と、例えば会計や人事といった職種での様々な経験を重要視するような外資系コンサルも存在しているということです。漠然とコンサルタントになりたいというのではなく、どういったコンサルティングを行なっていきたいのかによっても、転職年齢は変わってきますし、踏んでおくステップは違ってくるということを覚えておきましょう。

前述にもある通り、求人数は35歳を境として、減少しているのは事実です。逆に最もピークなのが30歳となっていますから、最も転職成功に導きやすい年齢は30歳と言えるでしょう。こういったデータがなぜ出ているのかといえば、思ったほどに外資系コンサルなどのコンサルティング業の条件面が良くないからなのです。コンサルタントといえば、企業の経営に深く携わることから、役員クラスの待遇を受けられると思われがちですが、まったくそんなことはありません。

大手企業での実績を武器に、外資系コンサルに意気込んで転職をしようとしたのは良いものの、前職よりも給与面などの条件で納得が出来ないという方は意外にも多いのです。これも理想や想像としているコンサルタント像と、現実のコンサルタントの現状を正確に把握できていないがゆえのミスマッチになります。条件面での納得できる提示が出来ないということからも、転職年齢は35歳までと考えた方が無難なのです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.