外資系コンサルの採用基準

外資系コンサル求人TOP >> 外資系コンサル転職の基礎 >> 外資系コンサルの採用基準

外資系コンサルの採用基準

外資系コンサルへと転職を希望されている方の場合、基本的には採用基準が気になるものではないでしょうか。守備範囲というものが非常に広いコンサル業界ですから、こういった要素だけを身につけておけば、確実に採用されるというものを示すことは非常に難しいものです。しかしながら、どういったジャンルのコンサルタントにでも、保有していて欲しい資質というものが存在しますから、それをここでは紹介していきましょう。

コンサルタントという職種を、将来のキャリアのステップとして考えている方も多いのですが、その理由としては、様々な企業の経営者と良好な関係を築く事が出来るというものだったり、経営というものの勉強をすることが出来るというもの。その他にも、自身が独立開業し、経営に携わった際には無駄にならないという思いを持っている方が多いことでしょう。しかしながら、これはあくまで結果論であり、最初からこういった思惑を持って転職をされた方の多くは、長続きしていないというのが現状です。

コンサルタントの採用基準を考えた時、やはりコンサルタントという仕事の本質をしっかりと把握出来ているのかどうかは重要なポイントになります。クライアントに経営戦略のアドバイスを行うこと。クライアントの抱えている問題を解決してあげること。業務改善を行うことといった回答をする方も多いでしょうが、これは残念ながらコンサルタントという仕事をまだまだ理解していないと言わざるを得ません。

クライアント企業の更なる発展のために新規事業の開発をしたり、業務改革を行なったり、新システムの導入を提案するといったサポート業務がコンサルタントの仕事になります。クライアントとの距離感をしっかりと保ちつつ、尽くすべき所はつくし、言うべきところは言うといったような冷静な判断力が備わっている人材が、特に外資系コンサル会社へと転職を成功させているのです。一般的な日本企業の場合、有名だったり大規模な企業は採用基準が高いとされていますが、外資系コンサル会社の場合は、そんなことはありません。

確かに超有名なトップファームの場合、誰もが憧れを持っているということもあり、応募者が殺到してしまうために競争率が高くなり、残念ながら不採用にされるケースもありますが、だからといって採用基準を驚くほどに高く設けているのかといえば、そうではないのです。逆に規模の小さなコンサルティングファームの方が少数精鋭で比較対象も強豪揃いということが多く、何気に転職が困難だったりするのです。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.